社交ダンスでラテン向きかスタンダード向きの見分け方は?



「前掛け、お前は背が高いからスタンダードやれ」

「え?」

「スタンダードのほうが伸びるぞ」

「はぁ・・」

 

大学でダンス部に入って、上級生から言われた言葉です。

1年生のうちはラテンもスタンダードも両方練習しますが、

2年生になり、ダンススタジオに通う頃には、どちらを

専攻するのか選ばないといけない。

 

そして、選んだ方の先生に習いに行くことになってます。

当時はラテン向きかスタンダード向きかはある一点だけで

判断されていました。

 

それは「身長」です。

 

背が高い人➔スタンダード

背が低い人➔ラテン

と言われていて、上級生は面白いくらいこの法則通りだった。

 

その理由としては

「背が低い人のほうが早く動ける」

というもの。

 

早く動けたほうがラテンは有利と言われていました。

手を伸ばす動作にしても、160センチの身長の

人の方が180センチの人よりも早いというのです。

 

イメージとしてはわかりますね。

デカイ人ってもっさりしてるような感じがあって、

小さい人はしゃかしゃか動きそうでしょ?

 

でも本当にそうなの?

たった20~30センチの身長差でそんなに動きが変わる?

 

160センチの人と、16メートルの人だったらかなり

違うと思うけど、ほんのちょっとだよ?

なんかおかしい気がしない?

 

昔から話を聞かなかった(笑)

僕は身長が180cmなので、

スタンダード向きだと言われていました。

 

でも、当時から人の話を聞かない性格だったらしく(笑)

自分はラテンが好きだから、絶対にラテン!

と決めてました。

 

当時、スタンダードの衣装は「学ラン」でダサくて

着たくなかったのもあるけどね。

 

つまり、自分がラテン向きなのか

スタンダード向きなのか?に他人の意見は関係ありません。

自分が踊りたい、好きな種目を選べばいいのです。

別に両方選んだっていいんです。

 

周りが「あなたは◯◯の方が向いてるよ」と言われても

気にすることはないのです。

 
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

4 Responses to “社交ダンスでラテン向きかスタンダード向きの見分け方は?”

  1. yuyu より:

    前掛け先生、こんにちは。

    前掛け先生の言う通り、私も、背が高いからスタンダードと決められた一人です。種目もワルスロ中心・・・
    当時はラテンは恥ずかしくて踊れなかったのですが、卒部して25年たった今、ラテンをやってみようと思い、習っています。

    ラテンって、元気が出ますよね。ほんとに、かっこいいし・・・

    ラテンは未知の世界ですが、かっこよく一人できちんと立って踊れるように頑張ります(^_-)-☆

    • 前掛け より:

      yuyuさん、こんにちは!

      背が高い女性は特にスタンダードって決められがちですよね。
      ラテンはハッピーな曲が多く、樂しいですよ。
      頑張ってかっこ良く踊って下さいね♪

  2. 通りすがりの者 より:

    前掛け先生、こんにちは。

    このブログ気づかせていただけるのと、共感を得るので、また、東京方面から立ち寄りました。

    私も身長183cm(男性)、私も昔から話を聞かなかった性格、一般社会では高年齢層と呼ばれる年齢なので、今は少しは改善したと自分では思っておりますが、「三つ子の魂百までも」。

    そう
    そう

    ダンスは音楽が素晴らしいから、自然と踊りたくなる。
    前掛け先生と同じで、ハッピーなサウンド、エレガントなサウンド、自分の心と共感するサウンドだと踊りたくなりますよね。

    • 前掛け より:

      通りすがりの者さん、こんにちは!

      ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
      はるばる東京方面からありがとうございます。

      素晴らしい音楽だとついつい体を動かしている自分がいます。
      これもダンスの魅力の1つですね。
      好きな曲に乗って踊るって最高です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ