社交ダンスは肩甲骨を動かした方がいいの?



「肩甲骨をもっと動かしたいんだけど、

どうすればいいですか?」

競技選手からこういう質問をたまにされます。

 

肩甲骨とは肩の後ろ側についている骨で、

小さな翼のような形をしてます。

そして背骨と直接繋がっていなくて、筋肉で支えられてる。

 

この筋肉の量、硬さによって肩甲骨の動きが決まってくる。

肩甲骨が動かせない、と感じている人は筋肉が硬くなっている

可能性があるから、肩甲骨と筋肉の間に

手を差し込んでみるといいです。

いわゆる「肩甲骨はがし」という技です。

 

名前を聞くとホラーな感じがするけど、

実際はちょっと痛い程度。

 

昔、スタンダードのレッスンの時にT先生がパートナーの

肩甲骨の裏側に手をズブズブっと刺しこんでました。

 

レッスンの時に肩甲骨の動きが小さいことが

気になったようです。

最初は全然入っていかなかったけど、少しずつ

手が入っていきます。

最終的には指の第2関節くらいまで入ってたよ。

 

痛そうだけど、ちょっと気持ちよさそうな。

動画で見ると、こんな感じです。

 

1人では難しいので、お互いのパートナーや

友人にやってもらうといいかもね。

 

肩甲骨周りの筋肉が硬くなっていると、

手が全然入っていかない。

 

手を差し込むことで肩甲骨周辺の筋肉をほぐし、

可動域を広げることが出来ます。

 

ただ、肩甲骨は動ける状態にあれば大丈夫。

踊りながら不必要にぐるぐる回す必要はないよ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ