基本 ルンバウォークの練習



ラテンの基本練習として欠かせないのがルンバウォークです。

と言うものの、自分はデビューしたての頃は

全くと言っていいほどルンバウォークはしていませんでした。

そんな地味な練習より、もっと体を動かしたい!!

という気持ちが強かったんです。

「ウォークするより踊りこみじゃあ~~!!

 

「体を使わないと踊った気がしない!!

 

踊りこみはもちろん大事ですが、

やはりウォークは必要です。
だって歩けない人が走れるわけないでしょ?

 

まずはしっかり歩くことが大切です。

 

気を付けることはいろいろとありますがシンプルに

まっすぐに立って動く

まっすぐとは背骨で考えます。

背骨は尾てい骨から頭蓋骨の付け根までですが、

さらに伸ばして頭のてっぺんまで伸びていると仮定して考えます。
その真っ直ぐな長い背骨をブレないように

キープしながらウォークをします。

これを繰り返すことによって、

 

体幹が鍛えられる

 

体幹が強いと、スピンをしたり早い動きを

したときにバランスを崩しにくくなります。

 

目線をしっかりと一か所に定めることが

できれば、もっと頭は安定します。

 

トップクラスの選手の頭はみんな静かでしょ?

体は凄い動いても頭は静か。

これを目指す練習です。

 

ルンバウォーク前進4曲、後退4曲

チャチャウォーク前進1曲、後退1曲

 

これくらいすると30~40分かかりますが、

時間に余裕があればお勧めします。

とてもお地味な練習ですけど・・・・

 

し続けていると、だんだん楽しくなってくるんですよね。

軽いダンサーズハイというか(笑)

 

僕も今でもウォークをしています。

すると落ち着くんですよね・・・

 

 

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ