社交ダンスで踊りやすい女性とは?



僕が感じる踊りやすい女性とは、

「自分で踊ってくれる女性」です。

 

ステップをしっかりと理解していて、

音楽のタイミングもわかっていて、

男性に対してのポジションも取れて、

積極的に踊ってくれる女性です。

 

例えば、タンゴでよく使う

アウトサイドスイブルというステップがあるよね。

 

女性が右足に乗って、足の裏をグルッと回す

ことでプロムナードポジションになるステップ。

 

決まるとカッコいいアクションだよ。

 

ただ、アウトサイドスイブルを

リードで伝えるのってとても難しいのね。

 

女性が「アウトサイドスイブルだ!」って

感じて自分で動いてくれると助かる。

 

レッスンでコーチャーに聞いたことがあるんだよ。

「アウトサイドスイブルのリードがうまく

できないんですが・・・」

そしたら、

「リードなんて無いよ。自分で踊りなさい!」

と一言で終わった。

 

それでパートナーが自分で踊るようになったら、

メチャメチャ踊りやすくなって驚いた(゚Д゚;)

 

その瞬間だけ、女性と男性の役割が逆転した

感覚だったね。

 

女性が積極的に動いて、男性がその動きを

フォローするみたいな。

 

なんか逆のような感じがするけど、それが

結果的にすごく良かった。

 

男性が女性をフォローするってこういう

ことなのかってわかった。

 

「何があっても俺についてこいっ!」

って踊ってるのではなく、お互いに助け合いながら

踊ってるんだな~って実感したよ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ