社交ダンス スタンダードのホールドは鎖骨の付け根部分を意識



スタンダードは2人の一体感が大事。

 

男性と女性がバラバラにならないで、

一緒に動いていくこと。

 

そのために必要なのが組み方。

組み方がよければ、長時間崩れないで

踊る事が可能になる。

 

スタンダードの場合、相手は必ず

自分の右前にいる。

真正面に立つことは無い。

 

ってことは、相手と正しく組むためには、

体を少し右に向けることが必要になる。

 

どれくらい右に向ければいいの?って話に

なるので具体的に説明するよ。

 

まず、自分の鎖骨の付け根を触って欲しい。

ボコッとへこんでいる場所がある。

喉の真下と言ってもいいかな。

 

自分のボコッとへこんだ場所を、

相手のボコッとへこんだ場所と

向かい合わせるようにすれば、

ちょうどいい感じになるんだよね。

 

別の言い方をすると、へこんだ部分に

「目」があるとイメージして、

男性と女性が、ここの「目」で見つめ合う、

って感じ。

 

自分のへこんだ場所を相手に向けるということは、

ボディが右回転をするということ。

 

ボディが右回転をおこすと、相対的に頭は

左回転をおこしやすくなる。

 

実際に組んで踊ってみるとわかるけど、

この組み方をするとボディがはずれにくくなって、

一体感が強くなる。

 

さらに、お互いの頭が左方向に行きやすくなるから、

トップも広くなるという嬉しいおまけ付き。

 

エネルギーも漏れにくくなり、2人で一緒に

踊っている感じが出てくるよ。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ