社交ダンスのメダルテストの種類と種目



読者さんからのコメントで初めてわかったんだけど、

メダルテストの開催数って地域によって全然違うんだって。

北海道は年2回だけど、4回や3回のところもあるみたい。

ちょっとびっくりですね。

 

では、メダルテストの種類と種目数を解説します。

受験級 スタンダード ラテンアメリカン
6級 W R
5級 W・T R・C
4級 W・T R・C
3級 W・T・F R・C・S
2級 W・T・F R・C・S
1級 W・T・F R・C・S
ブロンズ級 W・T・F・Q R・C・S・P
シルバー級 W・T・F・Q R・C・S・P
ゴールド級 W・T・F・Q R・C・S・P
ファイナル級 W・T・F・Q(1曲デモ) R・C・S・P(1曲デモ)
スーパーファイナル級 W・T・F・Q・Vw(1曲デモ) R・C・S・P・J(1曲デモ)
ハイパーファイナル級 1種目デモ 1種目デモ

こうなってます。

最初は種目数が少ないけど、級が上がるに連れて

ちょっとずつ増えていきます。

 

昔は「規定フィガー」が無かったから、

みんなベーシック、バリエーション関係なく、

好きなルーティンを踊ることが出来たんだよ。

 

でもそれじゃあちょっと・・・ってことで級ごとの

規定フィガーが制定された。

 

この規定フィガーは級が上がるごとに難易度を増していく。

ファイナルクラスになると、相当難しいよ。

 

種目数が一番多いのはスーパーファイナルで、

全5種目踊らなければなりません。

しかも、そのうち1種目はデモ。

 

ここを乗り越えれば、あとは1種目デモの

ハイパーファイナルだけになるので、楽ですね。

 

ちなみに、ハイパーファイナルだけは

何回も受験することが可能です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

2 Responses to “社交ダンスのメダルテストの種類と種目”

  1. neko より:

    こんばんは!
    地域によって種目もちがうんですね?
    秋に1級(スタンダード)を受けます。
    W、T、F、Qです。
    ハイパーファイナル級は無いです。
    今、頑張って練習しています。

    • 前掛け より:

      nekoさん、こんにちは!

      1級で4種目なんですね。
      なるほど~。
      いろんな発見があって面白いです^^
      合格目指して頑張ってくださいね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ