社交ダンスには「遊び」があった方がいい



多くのコーチャーに習ってきたけど、

「ダンスには遊びが必要」と教えてくれたのは

たった1人、T先生だけだった。

 

遊びが大事というのは、

今になってよくわかる。

 

社交ダンスはうまく踊れて、相手との呼吸が

ピッタリ合うと最高に気持ちがいい。

「決まった~!」っ思うよね。

 

だけど。

誰もが経験あると思うんだけど。

 

すごくいい感触って次はできないんだよね・・・

残念ながら、過程を同じにしても、さっきと

まったく同じ感覚というのは再現ができない。

 

だからこそ、遊びが必要なんだよね。

遊びを作るというのは許容範囲を広げること。

 

スタンダードでのボディコンタクトなんて、

まさにそう。

 

相手とボディをピッタリとくっつけて1㎝も

ずらさずに、ずーっと踊るなんて、

現実にはものすごく難易度が高く、

不可能に近いことだよ。

 

自分一人だって日によって調子が良かったり

悪かったりするのに、相手と組んで踊るんだよ。

ますます不確実性が高まるよね。

 

だからこそ遊びが必要。

ボディはピッタリくっ付いているんじゃなくて、

付いたり離れたりしながらでいい。

その方が自由に踊れるし。

 

こういう「遊び」が必要なんだよ。

 

遊びは技術的なことだけじゃなくて、

精神的な「遊び」も必要だよ。

 

「こうじゃなきゃいけないんだ!!」って頭を

カチカチにしてしまうんじゃなく、

「ま、いっか」くらいの気持ちの余裕ね。

 

精神的な遊びが無いとどんどん自分を

悪い方向に追い込んでしまう危険性がある。

 

「あ~できない、できない、全然できない・・・

ダンスって難しすぎる。自分には向いてないかも」

ってなっちゃうかもしれないよ。

 

前掛け父もこうだったかもしれないな~・・

 

いろんな「遊び」を持とう。

できなくても「ま、いっか。次はできるかも♪」

ぐらいの考えでちょうどいいんだよ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ