競技ダンスの体幹トレーニングの仕方。簡単にできる方法は?



競技ダンスで勝つためには、

「床に対して力強く立つ」事が必要。

 

競技会を見ていると、勝ちあがる人は

みんなしっかり立っている。

 

ジャッジをしていると、力強く立っていて

スーッと動いていく人は拾いやすいんだよね。

 

目立つから何度も目に飛び込んでくる。

「いいな」と思ってチェックを入れようとしたら、

すでにチェックを入れてた、というのは良くある話。

 

逆にフラフラしたりグラグラしてる人は

全然目に入ってこないよ。

 

じゃあどうすれば床に対して力強く

立てるのか?というと、

「体幹の強さ」が必要。

 

体幹を鍛えることで骨盤が安定し、腹圧が

高くなるので姿勢が安定しやすくなるんだよ。

 

ボディが強くなるから、より

ダイナミックに踊る事もできるようになる。

 

今はどんなスポーツでも体幹トレーニングは

常識になりつつあるよね。

 

ぶれない体、力強い立ち方には

体幹トレーニングが必要。

 

具体的にどんなトレーニングをすればいいのか?

というと、このポーズをすればOK.

赤色の部分は鍛えられる部位だよ。

 

このポーズを1回30秒で3セットする。

結構きついよ~。

お腹のあたりがプルプルしてくるからね。

 

気を付けるポイントは、

「まっすぐな姿勢を保つ」こと。

 

床に対して真っすぐな姿勢を維持する。

それが体幹トレーニングの効果を高める方法だよ。

 

最初は床に触れてる腕が痛くなることがあるから、

下にクッションやタオルを敷くといいよ。

 

慣れてきたら1分にしてさらに負荷をかける。

 

とは言っても、辛いことはしたくないのが人間(笑)

できれば楽をして簡単な方法で体幹を鍛えたい。

 

うん。

僕もそうしたい(笑)

 

人間は便利なグッズを発明するもので、ついに

体幹も服を着ているだけで鍛えることができる

時代になったよ。

 

ミス・ユニバースの公式商品にもなった

体幹トレーニングウェアがこれ↓

> 自宅で簡単「着るだけ」体幹ケア【エクスレンダー】

 

僕も現役の時は類似品を使っていたよ。

着るとお腹回りに圧力がかかって、

ボディが引き締まってくる。

 

常に圧がかかっている状態なので、

体がまとまって、ばらけないんだよね。

お腹も出ないし。

 

いい感じの緊張感があって、

ちょっとうまくなったような気がしたよ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ