リードでどこまで踊らせることができるのか?



女子に自分のリードが伝わらなかった場合、

自分を責める男性がいます。

 

自分のリードが悪かったから伝わらなかったのか・・・

もっとリードの仕方を習いたい!

 

うん。

気持ちはよくわかるんだよね。

でも、リードってのは、

“相手がステップを知っていること”が前提だからね。

 

ステップを知っている相手に

”これからそのステップをしますよ”

と伝えることだから。

 

ステップを知らない人に突然難解なステップを

しかけたって伝わるはずがない。

 

この辺を理解していないと、あまり踊れない人に対して

いきなり難度の高いステップをしかけて失敗するはめになる。

 

はっきり言って打ち合わせがない状態でリードを

伝えるのってめちゃ難しんだよ?

 

ワルツのリバースターンのリードをしたはずなのに

ウイスクされちゃったとか、しょっちゅうだよ。

 

そしたらもう次に繋げないから相手に合わせて

シャッセフロムpp踊っちゃうけどね。

 

これ、さりげなくやることがポイント。

自分のリードが伝わらなくても、いかにも

自分が仕掛けたんですよ的な顔して踊ること。

 

ってなんのこっちゃい。

 

こんなシンプルなステップでさえも難しい。

 

とにかく、リードっていうのは相手が

ステップを知っていることが条件。

 

たまに”男性がうまければ何でも出来る”的な思考の人が

いるけど、そんなことはないんだよ。

 

リードっていうのはきっかけを伝えることで、

一歩一歩を伝えることじゃないから。

 

だから女性も自分のステップはしっかりと1人で

踊れるようにしてくださいね♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ