社交ダンスが上手になる人の共通点は?



社交ダンスって周りの人が思ってるほど

運動神経は必要ないんだよね。

 

運動を今まで全然してこないで、

本ばっかり読んでました、

という人でも練習をしていれば上達していきます。

 

もちろん、運動神経がよくて上達する人もいるし、

運動神経がなくても(自称)上達する人もいるわけです。

 

では、上手になる人の共通点とはなんでしょうか?

それは、

目的意識を持っているかどうか

ですね。

 

ここでいう「目的」とはメダルテストとか、

デモとかじゃないです。

 

「自分が今、なんのためにこれを練習しているのか?」

という目的です。

 

例えば、ルンバウォークをするとします。

ルンバウォークを10人くらいで同時にやってもらうと、

その違いがはっきりと見えてきます。

 

  • リズムをはっきりさせようとしている人
  • まっすぐに立とうとしている人
  • フットスピード出そうとしている人
  • ボディを動かそうとしている人
  • みんながやってるからとりあえずやってる人

 

何を意識して練習しているのかは、見たら

大体はわかります。

目的意識を持って練習している人は上達が早い。

 

逆に、惰性でやっている人は進歩が見られない。

「みんながやってるから自分もやっておこうかな」

という意識の低さが見てる人にも簡単にわかっちゃう。

 

さらに目的意識が高い人は頻繁に質問してきます。

「これで合っていますか?」

「いろいろトライしたんだけどうまくいきません」

「ここの表現はAとBのどっちがいいですか?」

 

さらにさらに目的意識が高い人は、

質問で解決したことをしっかりと練習してきて、

次回までに習得して自分のものにしています。

 

高い目的意識が社交ダンスの上達への

近道です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

2 Responses to “社交ダンスが上手になる人の共通点は?”

  1. junjun より:

    やはり、上達するには、自主練が必要なのですね(^^;;
    昨日、レッスンだったのですが、今朝は背中やお尻が筋肉痛で、ゴロゴロと過ごしてしまっていました。
    年末のパーティでwaltzを踊るので、昨日の注意点を復習しまーす(•̥̀ ̫ •̥́)

    • 前掛け より:

      junjunさん、こんにちは!

      自主練は大事ですよ~。
      注意点を復習して体に染み込ませて
      いくといいです。
      年末パーティ頑張ってくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ