社交ダンスの大会の種類はいくつある?日程もチェックしよう



社交ダンスの大会の種類は、大きく分けると

  • アマチュアのみの大会
  • アマチュアとプロの大会
  • プロのみの大会
  • 学生の大会

の4種類があります。

 

それぞれにクラス戦という小さな大会と

全日本戦と言う大きな大会があります。

 

全日本戦は高校野球で例えると甲子園で、

各地方で勝ち上がってきた代表の選手たちが

集まって勝負を競う大会です。

 

主に日曜日に開催されていて、ホテルや体育館、

イベントホールなどで行われます。

社交ダンスの大会の日程をチェックしてみよう!

大会の予定表はこんな感じになっています。

東部日本ボールルームダンス連盟(JBDF)
※右側の日程をクリックすると見れます。

日本ダンス議会(JDC)

日本ダンススポーツ連盟(JDSF)

東部日本学生競技ダンス連盟

 

大会を主催している団体は複数あるので、

毎週のようにどこかで開催されています。

 

どの大会も当日券があるので、その日に

行って見ることができます。

見ごたえのある大会は?

見ごたえがあるのは全日本選手権や

世界のトップ選手が出場する競技会です。

 

例えば、

  • スーパージャパンカップ(3月開催)
  • 日本インターダンス選手権(6月開催)
  • アジアオープンダンス選手権(2月開催)
  • ギャラクシーマスターズダンス選手権(9月開催)

などが最高峰の大会なのでおすすめです。

 

会場も大きな場所で開催されており、

幕張メッセや日本武道館で行われます。

社交ダンスの大会は年齢で別れている?

プロは年齢別で別れていませんが、

アマチュアの場合、年齢別に部門が以下のように

別れています。

  • ジュブナイル(12歳未満)
  • ジュニア(16歳未満)
  • アマチュア(制限なし)
  • シニア(35歳以上)
  • グランドシニア(55歳以上)
  • スーパーシニア(65歳以上)

 

アマチュアと書いてある部門は、年齢制限が

ありませんので、何歳でも出場することが可能です。

 

自分の年齢に合った部門に出るのもいいですし、

重複してアマチュア部門に出ることもできます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ