社交ダンスの競技会で勝つために必要なこと



競技会で勝ちたい!これは競技選手なら誰でも思うこと。

もちろん、僕だってそう。

 

出るからには入賞したい。

入賞すれば今までの苦労も報われます。

 

ただ、

競技会は”審査員”という第三者が審査するもの。

 

「自分はこれだけやりました!」という

自己満足は通用しない世界。

 

他の人が見て

いいね

してもらわないと上には上がれない、

 

競技会を長く経験してきて、いろんな選手を指導してきた中で

僕の中では競技会に勝つために必要な”鉄板”とも

言えるルールが確立されています。

 

競技会は生モノだからこれをやれば”絶対勝てる!”

ということはないけど、これだけは優先して

やっておかなければならないというルール。

 

それを説明していきます。

 

競技会で勝つためには音楽を聞く!

これは何度も書いているけど、一番大事ね。

 

いい?一番大事だよ。

 

音楽に合わせて踊るのがダンスだから、

音楽に合っていなければよい評価はされないよ。

 

審査員は音楽を聞いて選手を評価しているわけ。

聞いている自分のリズムと見ているダンサーの取っている

リズムがあっていればチェックを入れます。

 

基本的には、音楽のリズムの聞き方に個人差はほとんどない。

僕がカウント1で聞こえる部分がパートナーには

カウント2で聞こえるなんてことはない。

 

誰が聞いても音楽の基準は一緒です。

だから、ちゃんとした聞き方のコツを覚えて欲しい。

 

一度覚えたら忘れることはないから、音楽に

合わせて踊る音ができるようになる。

 

もし、自分が音楽にあっているかどうか分からなければ、

レッスンの時にコーチャーに聞いてみるといいです。

 

音楽が取れない場合は、取り方を教わって下さい。

 

それに音楽にあって踊れた時って超気持ちいい~の。

こう、音楽が体の中にスーって入ってくる

感じがなんとも言えない。

 

競技会で勝つためには真っ直ぐ立つ!

大多数の人数が踊っている中で目立つことが勝つための条件。

そのためには、床に対してまっすぐに立つことが重要。

 

まっすぐに立った背骨、ボディが人混みの中をスーッと進んでいく。

シンプルだけど、これが本当によく目立つ。

 

どんな激しい動きをしても、頭は静かに。

 

ポーズの時はまっすぐに立てても、

”動き出したら頭がブレブレ”ではいけません。

 

頭がぶれないようにするためには目線を定めること。

 

一箇所に目線をしっかり定めることで頭は静かになります。

ブレずに踊ることで、集中力と力強さが増してきます。

 

競技会で勝つためにはルックスを良くする!

ルックスというのは見た目のこと。

衣装から、髪型、メイク、とにかく見た目。

 

衣装が汚れていたら、洗濯して綺麗にする。

 

髪の毛はバラバラにならないように、

しっかりスプレーで固めておく。

 

メイクは上手な選手の真似をして、綺麗にする。

 

ドレスを着た時に肌が綺麗に見えることも大事です。

タンニングローションがムラにならないように塗る事。

 

背中が気になるのであれば、こういうもので

綺麗にすることも可能です→背中ニキビをなくす方法は?

 

この”見た目”はちょっと意識を

するだけで簡単に改善できる部分 。

 

そういうところはしっかり抑えておく。

 

そういう見た目以外にも、ダンス的なルックスも大事。

ダンス的というのは、

 

いい表情で踊っているか?

シルエットは綺麗か?

ムーブメントは滑らかか?

 

といった技術的な部分です。

 

逆説的になるけど、競技会で上位に入る人で

ルックスが悪い人はいませんよね。

 

以上、競技会で勝つために必要なことでした。

競技会で好成績目指して頑張りましょうね。

※競技会に関する記事はこちらにまとめています。
競技会に関する記事一覧まとめ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ