社交ダンスでの足の位置ってなに?



昨日のアライメントに続いて、

今日は足の位置についてです。

足の位置とは、

「支え足に対するステップする足の位置」

って教科書には書いてあるよ。

 

例えば、右足に体重を乗ってるとするね。

じゃあ次は左足をステップすることになるんだけど、

どこに出すのか?って話です。

 

出す場所は決まってるんです。

「前」とか「後ろ」とか「横」とか。

フィーリングで好きな場所に出してるわけじゃないよ。

 

で、その「どこ」っていうのは右足を基準に考えます。

つまり、右足に対して左足をどこに置くかっていうのが

社交ダンスで言う「足の位置」ってことです。

 

んで。

この足の位置ってのはもんのすごい細かく種類がある。

単純に前とか横だけじゃないんだよね。

ざーっとリストアップしてみるけど「よくわかんないや」

ってものもあると思うから、さらっと見てください。

 

  • 「前進」
  • 「横へ」
  • 「横少し前へ」
  • 「横少し後ろへ」
  • 「小さく横へ」
  • 「斜め前」
  • 「斜め後ろ」
  • 「後退」
  • 「後ろ少し横」
  • 「PPで後ろに交叉」
  • 「PPでCBMPにアクロスして前進」
  • 「OPでCBMPに前進」
  • 「CBMPに前進」
  • 「CBMPに後退」
  • 「CBMPに保つ」
  • 「ブラッシュして斜め前」
  • 「クローズ」
  • 「体重をかけずにクローズ」
  • 「ポジションを保つ」
  • 「クローズ(ヒールターン)」

 

まだあるけどとりあえずこれくらいにしとく。

聞いたことがある「足の位置」があったかもね。

 

これらの足の位置はすべて体重が乗っている

支え足に対しての位置なんだよってことを

覚えておけばOK.

 

足の位置はアライメントと深く関係しています。

どちらかが欠けていてもうまく踊ることができません。

「足の位置」と「アライメント」がうまく噛み合うと、

二人で踊った時に違和感が無くなってきます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ