「ラテン」タグの記事一覧

ラテンの歩き方はシャリシャリ聞こえるように

ラテンの歩き方は、左右の足を 軽く触れるように出します。   一歩前進する場合、両足が 太もも→膝→ふくらはぎ→足首→足 の順番に触れていきます。   この過程を丁寧になぞることで足は 綺麗に美しく出・・・

ラテンレッスン受けてきました

久々にラテンのレッスンを受けてきました。 現役の時からお世話になっているM先生。   M先生は選手の時もチャンピオンとして活躍 されてましたが、コーチャーとしても グレートで、リスペクトしています。 &nbsp・・・

ラテンはステップする足のひざを曲げることが大事

ルンバに限らず、チャチャチャでもサンバでも、 ステップする足はまず、膝を曲げます。 これは前進でも後退でも同じ。   膝を曲げることで、股関節も曲がり、 自然なヒップムーブメントが起きる。   膝をし・・・

ルンバの手の動かし方はどうすればいい?表現するには?

ルンバのフリーアームで悩んでる人は多い。 いろんなタイプがある。 手の動かし方がわからない カッコよく決まらない 自分の手が邪魔 手の動かし方は教科書には細かく書いていない。 「体の動きに合わせて自然に動かす」 って書い・・・

社交ダンスの回転量は8分の1刻みでステップごとに決まってる

社交ダンスの回転量は8分の1刻みで 決まっている。 →社交ダンスのアライメントって何? 8分の1って言われても日常でなかなか 使わない分数だからピンとこないのが普通。   円で考えてみるとわかりやすいかも。 円・・・

ラテンは音楽の1拍を最大限に使うことでメリハリがでる

ルンバで一拍の長さってどれくらい あるのか計算してみます。   平均的なルンバは1分間に25小節入ってるので、 1分間(60秒)÷25小節=2.4秒 1小節は4拍なので1拍の長さは 2.4秒÷4=0.6秒 &n・・・

パソドブレのツイストには両腕を縮める瞬間があった

3月13日開催の「ドリーミーダンスフェスティバル」 昨年度の競技会で活躍した選手の 表彰を行ったり、アマデモがあったり、 現役とOBが入り混じって踊る紅白戦があったり、 見所盛りだくさんのJBDF北海道が主催するパーティ・・・

ラテンダンスでの腕の上げ方

ルンバやチャチャチャなどラテンダンスでは 腕を上げる機会が多い。   ニューヨークとか、スライディングドアとか、 腕を肩よりも高く上にあげるステップがある。 ここはスタンダードとは違うところだね。  ・・・

チャチャチャやパソ等の早い種目でもフットプレッシャーをかける

早い種目は、勢いで踊ることができます。 たとえるなら自転車と同じで、 ゆっくり走るのは難しいけど、 スピードを出せばバランスを崩さないから 簡単なのと一緒です。   チャチャチャとかパソドブレは早い種目だから、・・・

ファンポジションは半ポジション?

「先生、ファンポジションの手は横ですか?」 「ファンポジションのファンとは換気扇のファンと 同じで扇形って意味だから・・・」 「え?」 「ファンだよ」 「私、半ポジションだと思ってました」   な・に・い・ぃ?・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ