「表現」タグの記事一覧

社交ダンスが上手なダンサーは足音がしない。マジですごいよ

おはようございます。 コーヒーカップを置かずにバリスタの スイッチを入れてしまった寝ぼけ前掛けです。   自分のダンスを落ち着いて見直してみよう。 足音がうるさくないかい?   ドスン、ガサッ、ガンッ・・・

ダンスの表現力を鍛える方法とは?

表現力があるダンサーは 素敵で魅力的に見える。   フリーアームをちょっと動かすだけでも、 雰囲気がブワーって出てるよね。   そもそも表現力とは何なのか?っていうと、   「そこに何かの感・・・

楽しそうに踊っている人を見ると楽しくなる

ダンスって音楽に合わせて楽しむもの。 楽しく踊る方がいいに決まってる。   楽しく踊るってことは笑顔で踊る ってことだね。   楽しいから笑うのか、笑うから楽しいのか? どっちもあると思うよ。 &nb・・・

美的感覚は人によって違う。だからこそ個性が出る

美的感覚。 「こういうものが美しい」 「こういうものが素敵」 「こういうものがカッコいい」   美的感覚は人によって違うよ。 自分がいいと思ったものが必ずしも、 隣の人がいいと思うとは限らない。   ・・・

自分の体が使える限界はどこなのか?自分では意外とわからない

自分の体がどこまで伸ばせるのか? 自分の体はとこまで曲がるのか?   こういうことは自分では意外とわからない。 自分ではもういっぱいいっぱいに体を 使っている気持ちになっていても、実は まだまだ使える部分が残っ・・・

自分の踊りを2階席の人にも見せる意識を持とう

「武道館の2階席にいる人にも自分の踊りを 見せるように意識しなさい!」   現役の時にコーチャーから何度も言われた言葉。 考えすぎて踊りが小さくなっているときに 必ず言われた。   言われると、意識的・・・

社交ダンスでスピードが出て見える方法とは?

スピードがあるダンスって憧れませんか? 「びゅ~ん」っと動いたり「シュッ」と動いたり、 速さがあると、踊った感がします。   スピードを出すのも表現の一種。 変化を見せるのには大事なことです。   で・・・

テクニックは手段に過ぎない。目的は別にある

土曜日に審査員講習会がありました。 審査員の資格を持つ人は必ず 受講しなければならない義務講習です。   競技会をどのような観点からジャッジすればよいのか、 ということを習いました。   講師は元全日・・・

フィギュアスケートで「引き込まれる感覚」は社交ダンスにもある?

フィギュアスケートの世界選手権。 録画していたので、昨日まとめて見ました。   解説の高橋大輔さんが、たまに口にする 「引き込まれましたよね~」という表現。 見ているうちに、滑っている人に目が釘付けになり、 目・・・

社交ダンスを踊るときの表情はどうする?笑った方がいいの?

社交ダンスを踊っている人をパッと見た時、 最初に目に入るのは上半身です。 顔と言ってもいいですね。   最初からいきなり足元を見て 「フットワークがブツブツ・・・」なんて 言う人はまずいません。 いい表情で踊っ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ