スタンダードはホームベースボディ



ダンス歴、競技歴がまだ浅いカップルの男性。

スタンダードを踊っていると、どうしても

ボディがグニャグニャしちゃう。

 

音楽に乗って踊っているとついつい気持ちよくなって、

ボディがいろいろ動いてきちゃうみたい。

 

これは僕も経験があるよ。

自分一人だけ気持ちよくなって踊ってた。

 

そしたらコーチャーから

「自分だけ気持ちよくなっても周りから見たら気持ち悪い」

ってグサッと言われた。

 

確かにね。そうなんだよね。

だからと言って”気持ち悪く踊らなきゃならないのか?”

っていうとそうじゃないけど、気持ちよさを求める

方向性を間違っちゃいけないね。

 

1人で気持いい~ではなく、カップルで踊っているので、

2人でうまく踊ることに”気持ちよさ”を見出さないと。

 

で、男性には自分のボディがホームベースのイメージで、

それを崩さないように踊って、と要求してみた。

 

つまらなそうだったけど、ダンスはとても良くなった。

ボディが綺麗なまますーっと動いていく。

 

女性にとっても男性の立っている場所が

わかりやすくなるから、フォローしやすいんだよね。

 

動きが減ると、つまらないし、物足りなく感じる。

だけど、ちゃんとやることは増えているんだよ。

 

ボディのトーンをしっかりと保つこと。

 

いろんなところを動かすよりも、

動かさないところを作る意識。

 

それが楽しくなってくるといい感じですね。

 
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

One Response to “スタンダードはホームベースボディ”

  1. それが嫌いで社交ダンスが好きになれない より:

    これ、自分もよく言われます。
    でもどう直せばいいのかが わかりませんorz

    だって 詰まんなく踊ったら、顔も詰まらんくなるし・・・

    正直『ボディが綺麗(動きを減らす)』を実践して
    「今のが良い!」「どうだ。よく感じるだろう?」とか
    言われても、全く何にも感じないんだよね。
    だって 「何にもしてない」んだもん。
    「マイナスになる位なら何もするな!」って考え
    自体は分からんじゃないんだけれども、
    「じゃあ何するの!?」てのが わからなくなる。
    どうしたらいいのでしょうねぇ

それが嫌いで社交ダンスが好きになれない にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ