社交ダンスで床を足で押して体を伸ばす感覚



最近結成したスタンダードのカップル。

競技会に出始めて8ヶ月近く経った。

最近ちょっとずつ成績も出て来ている。

 

男性のキャリアが短いため、

「床を押して体を伸ばす」

という感覚がなかなか掴めなかった。

 

「体を伸ばして!」

って言われても、ピンとこなかった。

「体なんて伸びるもんじゃないでしょ」

ってずっと思ってたみたい。

 

まぁ、確かにゴム人間じゃないし、ヨガの達人でも

ないから体はビヨーンとは伸びないよ。

でも、踊っている人はみんな体を伸ばしてるんだよね。

この感覚を掴めるかどうかが大きなポイントとなる。

 

だけど、昨日のレッスンでは明らかに床を押して

体を伸ばしていた。

出来ているのか出来ていないのかは見れば一発でわかる。

 

しっかりと床を踏み、床からのエネルギーが足、

脚、ボディを通って、首、頭まで伝わっていた。

 

おぉ~~出来るようになったよ~すごいすごい。

 

足も長く見えるし、身長も5センチくらい高く見えるし、

なによりスッキリ感が素晴らしい。

ブレない力強さも出てくる。

 

次の課題としてはこの立方をどれだけ維持できるかだね。

踊り始めと踊り終わりで別人28号に

ならないようにしないと。

 

そのためには修行しか無いよね。

彼は映画「シャル・ウィ・ダンス」のように職場で

姿勢を意識して練習してるみたいです。

人がいないところでコツコツと練習してるんだって。

 

毎日ほんのちょっとでもやると違ってきます。

ちょびっとずつの積み重ねがやがて大きな変化になるよ。

 

正しい方法を身につけたら、それを何度も何度も

繰り返す事が大事。

そして本当に自分の物にできたら結果は必ずついてきます。

 
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

2 Responses to “社交ダンスで床を足で押して体を伸ばす感覚”

  1. パピちゃん より:

    少しずつの練習の積み重ねが身になってる事を
    言われました。先生と一緒にシャドウしてます。
    一人で出来るようになるのが目標ですが、

    • 前掛け より:

      パピちゃんさん、こんにちは!

      積み重なっているって素晴らしい進歩です!
      目標が達成できるといいですね♪

前掛け にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ