HDWM公演後座談会

ホテルダンスウィズミーが終わって約3週間。実行委員の皆さんに公演後座談会をしてもらいました。今だから言えることや面白トークが満載です!

参加者:関泰規(実行委員長・サラリーマン役)、平田篤(副実行委員長・地上げ屋役)、小野栄治(地上げ屋役)、宮下主啓(地上げ屋役)、鈴木隼(修学旅行生役)、宮本和幸(実行委員)、今川直子(チャコット)、五十嵐哲也(チャコット)

ホテルダンスウィズミーが終わった感想は

関:感謝の一言しかないです。終わって小野先生に「お疲れ様」と言われたときめっちゃ泣いちゃったんですよね。来ていただいたお客様もキャストの先生方も実行委員の先生方もすべての関わってくれた人に感謝しかないです。そしてすごく楽しかったな。

宮下:本当に素晴らしいショーだったと思います(ドヤ顔)最初はすごい大変だな~と思って練習もなんとなくやってたんですけど、本番はばっちりやりました。終わった時は本当に素晴らしい作品になったなと思って。自分が出ないシーンの部分も見てたんだけど、素晴らしくて感動しました。またやるとなるとすごい大変なんだろうなって葛藤があるけど、どうなんだろう。

平田:「あ~終わった・・」という安堵感ですね。最初は北海道でできるんだろうかという思いがあったんだけど、いざ始まってみるとみんながいい意味で勝手に仕事を探し出してやってくれて。うまくいく方向に自動的に進んで行きました。終わってみれば動員数も過去最高というのもあったし。またの機会があればみんなで作り上げる経験ができたらいいなと(ドヤ顔)

宮本:ドヤ顔になってる!

宮下:ラムネソーダください。

小野:終わってほっとしています。チケット担当としてどれくらい売れるのか心配でしたが、最終的にみんなが頑張ってくれてプレミアム、S席が完売して右肩上がりで売れていきました。自分の気が回らない部分をみんなが埋めてくれたのも助かりましたね。キャストとしてOBとしてお客様にダンスを披露できる場ができてよかったなって思います。現役の選手は競技会が近くて練習が大変だったと思うんですけど。やって楽しかったです。いい経験をさせていただきました。

関:それぞれのチームで練習の仕方って違ってるんだけど、地上げ屋チームが練習をやめないんですよ。納得いくまで練習をやめない。

小野:地上げ屋はみんな活き活きとしてたね。レジェンドの大友孝一先生もね。

宮本:めちゃめちゃシャドー練習してたよね。

今川:大友先生の生徒さん達が言ってたんだけど、すごい嬉しそうにショーの話をしてくれたんですって。

宮下:大友先生はハマリ役だったよね。

平田:全部自前の衣装だって。タブレットで見せてくれるんだよ「どれがいい?こんなのもあるぞ」って。

宮本:あれ、全部自前なの?ヒョウ柄のも赤いのも。

小野:そう。「俺、これ着て日本インター観戦したよ」って言ってた。

平田:大友先生は合同練習を教育文化会館でやるのに場所を間違ってわくわくホリデーホールに行っちゃったことあったよね(笑)

鈴木:僕、皆さんのお役に立てたのかな?って。最後のエンドロールで「会計」って出てたんだけど会計の仕事一つもしてないんですけど・・。できれば庶務にして欲しかったです。

一同:(笑)

今川:ホッとしました。この話を最初にしたときに「すごい大変なことになってきたんじゃないかな」という不安があって。でもここまで来たら逃げられないなって思って。キャストの練習に熱が入ってきて、大きな渦が動き出して、気づいたらみんなが協力してくれました。いろんな人とのつながりが出来て感謝です。

五十嵐:他の仕事をしているときに今川さんからしょっちゅう声をかけられるんですよ。そのたびに自分の仕事ができなくなって・・・

今川:今解決しないと先に進めない問題があるので。

五十嵐:それからやっと解放されるなと(笑)

見に来てくださったお客様の声

関:お客様からは「先生、次いつやるの?」「毎年やるんでしょ?」って言われました。

宮下:「来年もやるんでしょ?」とか。

宮本:また見たいという声は多かったね。面白かったという声が多かった。

平田:ハマリ役だったって言われた。

宮本:平田先生は地上げ屋の役をめっちゃ作ってたもんね。首がすっごい前に出てた。

今川:祐史子先生もハマリ役だったね。

宮本:祐史子先生はすごく楽しそうだった。地上げ屋なんだけど楽しそう。

平田:追い立てるのが好きみたい。金光先生も追い立ててたからね。

関:「修学旅行生って高校生が出てたの?」って聞かれた。

平田:本物の高校生に見えたってことね。すごいでしょ。

小野:キャスティングしたのは金光先生だよね。みんなうまくはまってたと思う。

今川:お客様に「こういうのを待ってたんですよ」って言われました。

宮下:ラムネソーダお願いします。

思い出に残ったシーンは

宮下:エンドロール良かったよね。

一同:良かったよね~。

小野:ゲネプロの時に初めて見て泣いたね。

平田:僕は関が泣いてるのを見て泣きそうになった。それとゲネプロの後の円陣かな。

~ゲネプロの後に出演キャスト、実行委員がみんな集まって金光先生の号令のもと円陣を組みました~

宮本:あ~円陣ね。円陣は良かった。

関:あれは空気が一段階上がった瞬間だったよね。

小野:シーンで言えば男4人で踊るところが良かった。男のパワーと技術がすごい。ゲネプロ、昼、夜とますますパワーアップしてすごいなって思った。

平田:男の群舞シーンはすごく評価が高いよ。

宮下:金光先生は振付の才能あるよね。

今川:練習の時から思ってたんですけど、地上げ屋の5分以上スタンダードを踊るシーンもすごいです。

小野:あれは正直言って疲れます(笑)本番は生演奏だから曲が変わるんだよね。そこが生の醍醐味なんだけど。それと、机を叩くシーンで手が内出血してた。踊っている時は気づかなかったんだけど控室に戻ったら腫れてた。

宮本:相当な勢いで叩いてたんですね。

楽屋で起こった面白話

宮本:楽屋はチームごとに分かれていたんだよね。

鈴木:修学旅行生はコスプレ感が強くて、すすきのの雰囲気がありました。生徒さんからも「先生、今度この格好で(高校生)レッスンして」って言われて。

関:アジア人観光客は聞いた話だと昼公演が終わった後に、舞台監督からダメ出しがあって相当へこんでいたらしいよ。「これ以上どうやってやればいいんだ」って。

小野:真面目なんだね。でも、思ったよね。頑張らないとって。もっとお客様に発信していかないとって。夜は疲れました。シーン3の途中で心折れそうになったよ(笑)

宮本:夜は3公演目になるからね(ゲネプロ含めて)

関:疲れてたんですよ。現役の時も心折れそうなときあったんですか?

小野:セグエとか3分半近くあるから途中で心折れそうになる瞬間あるんだよね・・・

今川:受付の学生アルバイトさんが「用務員の人めっちゃうまいです!」って言うから「金光先生って知らない?」って聞いたら「誰ですか?」って(笑)世代が離れちゃってるんですね。

平田:最強の用務員だからね。

宮本:宮下先生、楽屋の面白話ありませんか?

宮下:ないです(ドヤ顔)

平田:地上げ屋はマイペースだったからね。みんなそれぞれのペースでやってた。ゲネプロの時の映像をチェックしてより良くしようと最後まで改善してた。

新たな社交ダンスの可能性

宮本:フェイスブックやツイッターを見ると新たな社交ダンスの可能性が見えたという話が聞こえてましたね。

関:きちんとやればお客様が来てくれるのはわかったけど、本当に大変なんだということが分かりました。

平田:エンターテイメントという面では可能性があると思う。ただ、道外キャストが言ってたんだけど「ぬるま湯になる可能性がある」と。楽しくてみんな仲良くなりすぎちゃうから現役選手にとっては良くない一面があるかもしれない。うまく分けられるメンタルが必要じゃないかな。

小野:OBにはそういう出番や披露できる機会があるのはいいと思う。モチベーションにつながるし。

宮下:現役じゃなかったら絶対楽しいと思うよ。お客さんも喜ぶし。

関:競技会の時にショータイムを作ったらいいと思う。競技もやってエンターテイメント性のあるショーをやる。競技会ごとにやったらお客様もついてきてくれるんじゃないかな。今はダンスに限らず競技スポーツは衰退してきているからね。競うことに関する認知が低くなってきている。フォーメーションみたいなものをOBの先生方がやったらめっちゃ盛り上がると思うんですよね。真剣勝負の競技会と盛り上がるエンターテイメントを一緒にやったら面白いと思う。

今川:ホテルダンスウィズミーのパロディバージョンとか?

小野:地上げ屋が地上げ成功しちゃって支配人が負けちゃうとか。

宮下:小野先生が修学旅行生とか(笑)

鈴木:競技会ではピリピリしている部分があるけど、ショーは笑ってもらえるところがありますよね。

関:やるのは大変だけど、超頑張ればなんとかなるってことが今回わかったので。可能性はたくさんあると思います。

最後に

これでホテルダンスウィズミー公演後座談会は終了いたします。最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ