自分の踊りを見るとがっかりする?



先日のマイスター競技会のDVDが出来上がってきた。

生徒さんと一緒に見てみたのね。

踊ったのはパソ。

 

「一生懸命シェイプを作ったのに、見えないわ・・」

 

そうなんです。

自分で頑張ってやったぞ!って踊っても、後から客観的に

見てみると「あれ?あれれ?こんなはずじゃ・・・」

ってなるんです。

 

大抵の人はこうなりますよ。

もちろん、僕もそう。

自分ではかなり精一杯踊ったのに、テレビの画面には

のんびり踊ってる自分がいる。

 

動画っていうのはどうしても平面的に見えてしまうから、

しょうがないといえばそれまでなんだけど、

自分が思っている以上にやらないと周りには見えない。

 

やりすぎぐらいがちょうどいいんだね。

7割位の力で踊っていると動画では5割位まで落ちる。

12割を目指して10割になるかな。

もちろん、本当にやりすぎて超えちゃった場合は

先生が直してくれますよ。

 

まずはやり切る事が大事。

あとから自分で動画を見た時に「こう見えたい!」

というイメージを持つと、変わってきます。

 

違う言い方をすると、自分を遠くから

別の自分が見ている感覚。

自分のダンスを自分が見ている。

この感覚ってすごい大事で、自分の姿をトータルで

考えることができます。

自分を「俯瞰する」とも言えます。

 

今回はかなり頑張ったからよく見えるだろう。

あれ・・・まだだめだな。

よし、ダメな点を直したから今度はいいだろう。

う~ん、まだダメかも・・

次はこれにトライしてみよう!

 

というように、改善→実践→反省→改善→実践→反省→・・

を繰り返すことで上達していきますよ。

 
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

3 Responses to “自分の踊りを見るとがっかりする?”

  1. yuyu より:

    自分では、やっているつもりでも、そう見えないってことを先日、自分の踊りのビデオをみて痛感したところです。
    先生にも、やってはいるけどもっとやらないと、周りには見えないんだよと、前掛け先生と同じことを言われています。

    もう一人の自分が、自分のダンスを見ている・・

    次回のレッスンで、意識したいと思います。

    • 前掛け より:

      yuyuさん、こんにちは!

      周りに見えるためにはもっとやらないとですね。
      頑張りましょう!

yuyu にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ