社交ダンスで頭を静かに動かさないで踊る方法



頭を動かさないで踊ることはとても大事です。

どれくらい動かさないで静かに踊るのかといえば、

「頭の上にコーヒーカップを乗せて落とさずに」

ってイギリスの偉い先生が言ってました。

 

実際に乗せて踊ってくれたそうですよ。

僕は写真でしか見たこと無いけど。

 

ラテンでは無理だけど、スタンダードなら可能です。

特にスローフォックストロットなどでは

いい練習になりそうですね。

 

フェザーステップ、リバースターン、スリーステップ・・

コップを落とさないように踊れれば、

頭がぶれていなかったという証拠。

 

その感覚を繰り返してつかんでいけばいいですね。

この時の注意点は、

”カップの中に実際にコーヒーを入れてはいけない”ってこと。

万が一こぼしたら全身コーヒーまみれになってしまいます。

・・・・って言わなくてもやんないよね(笑)

 

頭を静かに動かさないで踊る別の方法は、

「目線を定める」

です。

 

見ているところがはっきり定まれば、

頭がブレることはありません。

頭が動いている、ぶれているという時は、

多分何も見えていない。っていうか見ていない。

 

なんでもいいので、目線を一点に定めること。

そうすれば頭は動かないよ。

 

踊っている中で見る場所はどんどん変わっていくので、

それに応じて定めていく必要があるね。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

2 Responses to “社交ダンスで頭を静かに動かさないで踊る方法”

  1. furuuri より:

    確かにー!私、頭がブレブレで目が泳いでる気がします

    • 前掛け より:

      furuuriさん、こんにちは。

      目が泳いでる・・・
      目が泳いでる人の目って本当に泳いで見えます(笑)
      ぐらつかないようにがんばってくださいね♩

前掛け にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ