社交ダンスのデモの失敗談。ステップが途中でわからなくなった



自分のデモで失敗したことは何回もあるよ。

今回紹介するのは「エンドレス飛行機編」

 

ジャイブのデモだった。

ジャイブは5種目中でもっとも練習が少ない

種目だし、勉強もあまりしていない

種目だったから、結構適当に踊っていた。

どこからどこまでが一つのステップなのか、

つなぎ目すらも全然わかって無い状態。

 

だから、一度止まったら途中から踊りだせない。

最初からじゃないと最後まで踊れないという、

非常にデンジャラスな状態でのデモだった。

 

敗因はもう一つある。それは、

新しいドレスを初めて着るデモだったということ。

練習では一度も着ずに、本番のみの着用だった。

 

その時のドレスは、セパレートで上と下の部分が

細長い紐でつながっていて、その紐が体の動き

に合わせて一本一本独立して動くタイプだったのね。

 

上手く説明できないけど、一言でいえば

「絡まりやすいドレス」だった。

 

で。

デモスタート。

 

最初のエントリー部分で、いきなり僕の手が

ドレスの紐にひっかかる予想外の展開。

女子を回す振りなのに、手が絡まって動かせない。

これでパニックになり、次のステップが吹き飛んだ。

 

あれ?

あれれ?

次なんだ?

次のステップなんだ~?

 

おかしなもので「あれれ?」と思いつつも、

無意識に体は踊っている。気づいたら、

ルーティンを何小節も飛ばしたところにつなげていた。

 

曲の長さぴったりに合わせて作った振付だから、

ここでステップを飛ばすということは、

最後に曲が余ってしまうことはすぐに理解した。

 

こうなったらもう、ダンスどころじゃない。

体は動きながらも頭の中は

「どうやって帳尻を合わそうか?」ってことでいっぱい。

心ここにあらずって顔だったと思うよ。

 

で、この時のエンディングはリフトして女子が飛行機の

ように手足を広げて、男性が手と足を持ってグルグル

回して、おろして、起こして、くっつく、

というものだったのね。通称「飛行機リフト」

 

帳尻を合わすために思いついたのは、

”リフトの時間を長くしよう”ということ。

これしかない。

 

パートナーには申し訳ないが、空中で

グルグル回り続けてもらうしかない。

後で間違いなく怒られるけどしょうがない。すまぬ。

 

今思えば、多少曲より早く終わっても、挨拶とかで

なんとかごまかせたと思うんだけど、当時は

思考がめっちゃ狭かったので、そんな選択肢はない。

「曲に合わせなければ・・・・」その一心だった。

 

で、なんとか踊り続けていよいよエンディングに突入。

グルグルグル・・・・回し始めた。

いつもより何回も何回も何回も回し続けた。

 

時間が異様に長く感じる。

まだか?まだ終わらないのか?

回しながら心の中でパートナーに謝罪し続けた。

 

そして、いよいよ僕も目が回りはじめ、限界が来た。

しょうがないから、おろしてフラフラになりながら

なんとか最後まで踊り切った。

 

これがうまく曲にあったのかどうか、記憶にない。

とにかく大変だったということだけは覚えてる。

 

教訓

  • デモのリハーサルは入念に
  • 必ず事前に衣装を着て練習すること

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

4 Responses to “社交ダンスのデモの失敗談。ステップが途中でわからなくなった”

  1. 前掛けファン より:

    いつも楽しく読ませていただいてます!
    パートナーさんには誉められましたか?怒られましたか!?

    • 前掛け より:

      前掛けファンさん、こんにちは!

      当然怒られましたよ。
      今ではお互い笑い話になっています(笑)

  2. あけさん より:

    お察しします
    今デモ用にジャイブのレッスンしてますが、エントリーで男性の背面部にジャンプして乗るんですが落っこちないように気をつけます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ