自分がダンサーになるとは夢にも思っていなかった



気づいたら、人生の半分以上を

ダンサーとして過ごしてきた。

 

子供のころ、まさか自分がダンサーになるとは

全く想像していなかった。

 

小学生の頃は大工になりたかった。

中学生の頃は考古学者になりたいと思った。

高校生の頃は勉強ばっかりしてるガリ勉君だった。

 

体育はそれほど得意じゃなく、人並み程度か、

ちょっとそれ以下だったよ。

 

高校のころ、古典の先生が初めての授業で

「僕は趣味で社交ダンスを踊っています」

って自己紹介したとき、みんなが爆笑した。

 

僕も笑ってた。

「社交ダンス?まじかよー!だせーー!!」って。

 

正直に言えば、その時は社交ダンスというものを

一度も見たことが無かった。

 

なんとな~くのイメージしか

持っていなかった。

 

お爺さんお婆さんが組んで踊ってるんだろうな、

若者のするもんじゃないよね、

程度の認識だった。

 

そして高校を卒業し、大学に入り、綺麗な先輩に

誘われてダンス部を見に行った時。

 

初めて見たデモにとてつもない衝撃を受けた。

「これだ。これしかない!!」

ダンスをやろうと即決だった。

 

だって、めちゃくちゃカッコよかったんだよ。

音楽に合わせて何かを表現しながら一生懸命

踊っている姿がカッコよかった。

 

痺れたっていうの?

一目ぼれってこんな感じなのかな。

初めて見たのに、これだ!っていう確信が

自分の中にあった。

 

今まで一生懸命勉強ばっかりしてきた自分には

まったく初めて目にする代物。

 

メチャメチャ強烈なインパクトだった。

特に最初のラテンデモで見た女性の先輩の

ラテンドレスが・・・・(笑)

 

自分がダンサーになったって言ったら高校の

友人はみんな驚いてたよ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

2 Responses to “自分がダンサーになるとは夢にも思っていなかった”

  1. フレイア より:

    前掛け先生、こんにちわ。

    今回の先生のお話しにちょっと通じる感じ?

    昨日の日曜日は年に一回の発表会でした。
    スタンダードの生徒さんの中で
    ラテンはいつも私独りです。
    そのせいもあって目立っちゃうんですが・・

    何時も妹さんと見に来て頂いていたお友達が
    今年は高校生の娘さんをお連れになりました。
    地元の有名な進学校へ通う優秀な学生さん♪

    社交ダンスには本当に縁の無い世代ですよねー。
    デモが終わってご挨拶に行った時に
    目をキラキラ輝かせて!
    「ダンス素敵です♪感動しました♪やってみたいです♪」
    それが実現するかどうか?は未定ですけど・・(笑)

    頑張って踊った私のデモでも
    そんな若い子の気持ちを引き付けられて
    ダンス素敵♪て思ってもらえる・・事に
    一役かえたなら嬉しい限りだなー♪

    昨日のデモはいつもと違った
    ご褒美を頂いたようなハッピーな気持ちで終わりました。

    ダンス、いろんな意味で素晴らしいですね♪

    • 前掛け より:

      フレイアさん、こんにちは。

      それは良かったですね。
      ダンスを知らない人に「素敵♪」って
      思ってもらえるようなダンスを踊れたら最高です。

      ハッピーをありがとうございます♪

前掛け にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ