社交ダンスのラテンの回転でバランスよく立つ方法



ラテンには回転を含むステップが

たくさんあります。

 

今日はその中でも3歩で1回転する

ステップを解説します。

 

3歩で回転するからスリーステップターンとも

呼ばれているね。

 

こんな感じのステップです↓

 

ローリングオフジアームでも使うよね。

その時はもう少し歩幅を小さくするけど。

 

他の種目にも、女性が1回転してラインを

作るステップはいろいろあります。

 

「回転して立つ」と言う動作は、

ラテンには欠かせない。

 

だけど、このステップって3歩目で

立つのが結構難しいんだよね。

 

回転の勢いがあるから、止まり切れずに

バランスを崩しちゃうことが多い。

 

勢い余って、3歩目でうまく立てない

経験あるでしょ?

 

これを解決する方法を伝授します。

 

いや、そんな仰々しく伝授っていうほどの

ことじゃないけどね^^;

 

まず、覚えておいて欲しいのが足の出し方。

ラテンは動くときの足を出すタイミングが

以下のように決まってる。

 

前進するとき→ボディが先

後退するとき→足が先

横に行くとき→足が先

 

スリーステップターンの3歩目は横に

出すから、足を先に出すことになるよ。

 

足を先に横に出しておくってことは、

後からやってくるボディを受け止める

準備ができているってこと。

 

ボディが進んだ先に、体を支えるための

土台となる足があれば安心して体重を

乗せることができるよね。

 

足を先に出すためには

スリーステップターンの2歩目の足に

体重を感じていることが大事です。

 

2歩目に体重がかかった時に、3歩目の足を

横にスッと出して準備をしておけばOK。

 

足が準備できていないのに体が進んでいくと、

バランスを崩してしまう原因になるよ。

 

何事もそうだけど、準備ができていれば

失敗することは少なくなるからね。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ