社交ダンスは褒めるレッスン



僕はレッスン中によく褒めます。

 

良くできたところ、スムーズに踊れたところは

意識的に褒めるようにしています。

 

昔は普通のレッスンだったけど、ある時から

レッスンの方向性を変えたんですね。

 

それは小出監督(マラソンのQちゃんのコーチ)の

この本を読んで影響を受けたからです↓

褒めることで人の力をもっと引き出してあげる。

「私にはできないかも・・」という気持ちの壁を

少しずつ溶かしていく。

 

レッスンで意識的に褒めることを増やした結果、

競技選手は優勝することが多くなりました。

 

普段、僕が言ってる褒め言葉を紹介します。

 

「うまくいきました」

「今日は調子いいですね」

「最近レベルアップしてきましたね」

「今日の洋服、似合ってます」

「〇〇さんはフォローがマジうまいっすね」

「さすが〇〇さんの表現力」

「バランスいいですね~」

「パワフルですね」

「音楽に合ってきました」

「一体感が出てきましたよ」

「〇〇さんはリズム感がいいな~」

「そのヘアスタイルいいですね」

「後から見たシルエットが綺麗になってきました」

「ポジション取りが上手ですよ」

「〇〇さんなら出来ます」

 

こんな感じです。

人は誰でも褒められると嬉しくなります。

 

嬉しくなると脳内からエンドルフィンという

物質が分泌されます。

 

エンドルフィンが出ると人は幸せを感じるんです。

その結果、ダンスがいい方向に進んでいきます。

 

社交ダンスを踊って幸せを感じられたら最高ですよね。

 

中には褒められるのが嫌だっていう人もいます。

「褒めないで厳しくして!」という人もいましたね。

 

人それぞれですが、厳しい先生は

僕じゃない方がいいと思いますよ^^;

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ