社交ダンスで足を大きく開く方法



社交ダンスでは足を大きく開かなければならない

場所が出てきます。

 

でも、足の長さは決まっているからそんなに

大きくは開けないよ、って思うかもしれません。

 

実際に人間の足は骨盤から生えてます。

そこからつま先までの長さは決まってるんだけど、

頑張ればもっと足を開くことができます。

 

それにはイメージが大事。

足はもっと上の方から生えてると考える。

思い切ってみぞおちから足って考えてみる。

まずはこの意識で普通に歩いてみよう。

 

みぞおちから足って考えて歩くと、体の中の

筋肉がグーッと動いてきて、腹筋や背筋も

使わさってくる。

 

このとき自分のお腹や背中を触ってみると、

普通に歩いているときよりも

筋肉が動いているのがわかるよ。

 

そして片足に乗っている時間が長くなってくる。

足を開こうと、片足の上で体を

しっかりと使っているからだね。

 

その結果、足は大きく開かさり、

歩幅が大きくなってくる。

 

上手く足が開けているときは、ゆったりと

ダイナミックに歩いている感覚だよ。

 

もっともっと大きく足を開こうと思ったら、

自分の中で足が生えている部分を

上の方に持っていけばいい。

極端に言えば、首から下が足のような意識にすると、

ものすごい足を開くことができるね。

 
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

2 Responses to “社交ダンスで足を大きく開く方法”

  1. パピちゃん より:

    イメージ、イメージ~
    いろいろな部分 でのイメージを無意識に
    浮かべる様に出きると良いのですが〜〜
    大きく動かせるようにですね
    首とはならないけど上に近ずける様にしてみます。

    • 前掛け より:

      パピちゃんさん、こんにちは!

      イメージで体の使い方はかなり変わります。
      良いイメージを持って踊ってみて下さいね。

前掛け にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ