スローとルンバの曲の見分け方は



おはようございます。

 

スローとルンバの曲って見分けづらいですよね。

どちらも4拍子で、テンポも近い。

 

それぞれのテンポは

スローは28

ルンバは25

テンポというのは1分間に入ってる小節の数ね。

 

1小節は1234です。

1234が28個あるってこと。

 

テンポが近いから、迷っちゃうことがあるんです。

 

それに、同じ曲でスローとルンバのどちらも

踊れる曲があるのね。

 

1曲でスローとルンバのメドレーを

することもあるし。

 

経験を積んでくると、曲の雰囲気で

どっちなのか聞き分けることができます。

 

これはスロー。

これはルンバ。

 

ルンバの特徴は、打楽器のリズムにある。

文字で表してみると

「カッカッカッ・・・カッカッカ~・・・」

という独特の楽器の音が入ってるんだよね。

キレのある強い音が入っている。

 

スローの方は流れるような音楽で、文字にすると

「ズッチャラッチャラッチャラチャ~・・」

って感じ。

う~ん。

文字じゃわかりづらいですね^^;

 

ルンバの曲を聴いてみましょう。


続いてスローの曲です。

聞き比べてみると、使っている打楽器の

種類が違います。

 

ルンバの方がリズミカルですよね。

 

聞き分けるためにはたくさんの曲を聴くのが一番かな。

 

いろんな音楽で踊って、スローとルンバを

聞き分けられるようになってくださいね^^

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

4 Responses to “スローとルンバの曲の見分け方は”

  1. Maco より:

    はじめまして
    更新楽しみに
    拝見させていただいています。

    こんなに違ったんですね(^^)
    此から注意して踊ります。

    また他も教えて下さい♪

    • 前掛け より:

      Macoさん

      はじめまして。
      参考になりましたでしょうか?
      今後ともよろしくお願いします。

  2. jackpot より:

    >聞き分けるためにはたくさんの曲を聴くのが一番かな。

     スローもルンバも同じ4拍子だけど、決定的な
    違いはルンバは2拍目にアクセントがあること。
     曲に乗っていたら体も自然にそういう動きに
    なります。つまり2にアクセントを置く踊りにな
    ってしまう。(スローに2拍目にアクセントを置
    く動きなんてないですよね)
     ハーレム・ノクターンみたいにどちらでも踊れ
    そうな曲もあるけど、ここに挙げた2曲では逆は
    無理。カウントを合わせることはできても踊りに
    ならない。
     スローとルンバの区別がつかないという悩みより
    もっと多いのが、ルンバの1が取れないという悩み。
     これらを解決する簡単な方法があります。自分で
    ダンスパーティーを主催するか、主催者側の一員に
    なって音響を担当し、自分で選曲する。
     これを数回経験すれば、自然に聞き分けることが
    できるようになります。おまけに皆様から喜ばれて
    一石二鳥。
     ダンス曲専用のCD以外からも選べるようになっ
    たら怖いものなしです。

    • 前掛け より:

      jackpotさん

      確かに音楽の違いは自分で選ぶようになったら
      もっと分かってくると思いますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ