「メンタル」の記事一覧

競技ダンスの練習では口よりも体を動かそう

カップルで練習をしていると つい口が動きがちです。   「引っ張った」 「押さないで」 「音楽に合ってない」   一回口が動き出すと、あ~でもないこ~でもない が始まって、体は動かなくなってきます。 ・・・

大丈夫。僕が信じてあげるから

効果があると信じることで、偽薬を飲んでも 病気が治っていくことがあります。   専門用語で「プラシーボ効果」と呼ばれてる。 人間が持っている不思議な力の一つだね。   「効果がある」と信じることで、 ・・・

成績が悪かったすべての選手たちへ

昨日は北海道では今年最後の ダンス競技会が行われました。   ツイッターを見ていると日本各地で たくさん競技会があったみたいです。   競技会では勝つ人はたった一組だけ。 優勝したカップルね。 &nb・・・

誰にでもできることをちょっとずつ続けることで上手になれる

ダンスが上手くなるためには 反復練習が必要です。   最初はうまくできなかったことでも、何度も 練習をすることでできるようになります。   誰だって初心者からスタートします。 例外はありません。 &n・・・

社交ダンスは思いやりの気持ちが大切です

社交ダンスは2人で踊るものです。 一人では踊れません。   僕たちは人間だから、いつも同じように 踊れるわけじゃないです。   調子がいい日もあるし悪い日だってあります。   男性の調子がい・・・

社交ダンスが上手くならないと悩んだときは

社交ダンスの練習をしていると、 落ち込むことがあります。   ・教わったことが全然できなかった ・以前に習ったこととまったく同じことを言われた ・自分が踊っているダンス動画を見た   その度に「だめだ・・・

落ち込んでいる選手の成績を上げる魔法の言葉

競技会に出ていると、成績が良い時と 悪い時が必ずあります。   悪い時は落ち込むよね。 「なんでダメだったんだろう・・・」って。   一生懸命練習して、上位入賞を狙っていたのに 予選で落ちた時はマジで・・・

本番での緊張を和らげて実力を発揮できる考え方とは

僕は緊張しやすいタイプです。   出番前になると、緊張して手が冷たくなります。 フロアに入る時にパートナーと手をつなぐと いつも「冷たっ!」って言われてました。   緊張する原因はいろいろあります。 ・・・

チョットの差を埋めるために考えたこと

前回の続きです。   鳥居先生に言われた”ちょっとの差” →世界チャンピオンとの差はちょっとしかないって   どうすれば”ちょっとの差”を埋めることが できるのか。   ちょっとの差だから、・・・

世界チャンピオンとの差はちょっとしかないって

現役でバリバリ踊って競技会に出ていたころ。   JBDF北海道でコーチャーを呼んで、 レッスンをしてもらったことがあるのね、   コーチャーは鳥居先生カップル。 日本人唯一の世界10ダンスチャンピオン・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ