社交ダンスは相手の動きの終わり=末端を感じてリードしよう



女子は自分がしている動作を途中で

邪魔されることを嫌う。

最後までやりきりたいんだよね。

 

例えば。

カップルで回転ずしを食べに行ったとする。

「毎回毎回どうして食べ物ネタなんだ!」

って突っ込まれそうだね^^;

 

男性は自分の食べたいものを注文し、

お腹いっぱいになって満足した。

女子も自分の好きなネタを食べている。

 

先に食べ終わった男子。

女子も食べ終わり、ゆっくりお茶を飲んでいる。

 

男「じゃあ、帰ろうか」

女「ちょっと!!まだお茶飲んでるでしょ!!」

 

例えばその2。

カップルで家でDVDを見ている。

 

とてもいい映画で二人とも感動した。

内容が終わって、テーマソングとともに

スタッフロールが流れて来た。

男性が停止ボタンをおした。

 

女「ちょっと!!まだ見てるでしょ!!」

 

ダンスでも同じことがいえる。

女子が体を使って踊っている途中で、男性が

次の動きに行ってしまうと、女子は中途半端で

止められてしまうため、不満が残る。

 

女「ちょっと!!最後まで使わせてよ!!」

ってなる。

 

男性は女性が体を使い切ったポイント、

つまり相手の動きの終わり=末端を感じてから

リードをしてあげることが大事。

 

相手の動作を感じると「あ、体を使い切ったな」

って言う場所、タイミングが必ずある。

そこから次のステップへ動き出すと、二人の

動きに一体感が出てきて、なめらかになってくるよ。

 

自分勝手なダンスにならず、相手への思いやり

ができるようになるといいね。

 

※今日の例は自分の体験談です(笑)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

8 Responses to “社交ダンスは相手の動きの終わり=末端を感じてリードしよう”

  1. junjun より:

    それです!!!(すっきり~~~)

    ダンスタイムとかで、とても気持ちよく躍らせて下さる方とそうでない方。
    見ていて上手な方とは限らないから、何が違うのだろうと思っていたのです。

    それですね。
    特に、身体を伸ばすような時に、最後まで伸ばしきらせて貰えると、とても気持ちが良いのでしょう。

    朝からスッキリしました(^^)

    • 前掛け より:

      junjunさん、こんにちは!

      気持ちよく踊らせてくれ人はいいですよね。
      スッキリ踊れますように♪

  2. ヒロちゃん より:

    わ~ スゴイ☆スゴイ♪

    こんにちは タイヘン為になる記事でした
    分かっているようで、出来ていない大切な部分ですね

    明日からヘナチョコは変身しますっ!

    • 前掛け より:

      ヒロちゃんさん、こんにちは!

      お役に立ってよかったです。
      つい独りよがりになってしまいがちなので、
      これができるといいですね。
      頑張ってください。

  3. はな より:

    前掛け先生、こんにちは。

    その逆パターンは私です(笑)
    ダンスタイムでは、自分勝手に次のステップを予想してしまい(知っているルーティンで。。。)
    すみません、すみませんで曲が終わってしまいます(泣)
    レッスン受ける課程は、楽しいのですが、ダンスタイムでは、楽しめていないのです。
    リードについて踊れるようになるには、ホールとかで踊り慣れることでしょうか?
    一番の解決法、よろしくお願い致します。

    • 前掛け より:

      はなさん、こんにちは!

      次にどのステップがくるのかはキャリアを
      積むと、いくつかのパターンが見えてきます。

      ホールで踊り慣れるのもいい方法だとおもいます。
      相手の動きを感じてみてください。
      「簡単なステップでお願いします」というのも
      感覚を掴むいい方法かもしれませんね。

  4. はな より:

    誤字訂正します。レッスン受ける過程です。
    失礼しました。

  5. はな より:

    前掛け先生、昨日はお疲れさまでした♪
    プロデモでアドリブさすがですね!!

    基礎と平行して少し慣れる様努力していこう
    と思います。
    で、あまり気にしないの気持ちに切りかえて
    他教室のパーティにも参加できたらよいな~と思えるようになりました。

    お忙しいなかコメントありがとうございました。

はな にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ