やることを絞る



「ボディを引き上げて」

「目線を定めて」

「フリーアームを使って」

「音楽を聞いて」

「リードを感じて」

 

実際に一曲踊る中でどれだけ意識できる?

全部できる!って人もいるかもしれないけど、

それでは一つのことに対しての集中力が低くなります。

 

集中力が低くなれば中途半端になる。

中途半端になると、いつまで経っても変化が感じられない。

 

なので、どれか一つに絞ること。

絞った一つのことに対してエネルギーを使う。

 

例えば、ルンバでボディを引き

上げるということに集中する。

 

出だしの立ったポーズで、ボディを引き上げる。

そこからオープンヒップツイストを踊って行き、

ファンポジション。

 

ここで女子は左足の上でもう一度床を感じて

ヒップを持ち上げ、ボディを引き上げる。

 

そこからアレマーナ。

男性の腕の下をくぐる時に気をつけないと体が縮むので

さらにボディを引き上げながら回る。

 

クローズドヒップツイストをする直前のカウント4で

左足に体重を乗せた時、さらに体を引き上げる。

 

それから回転して右足後退しても

落ちないように体を引き上げておく。

 

こんな風に、体を引き上げるという一つのことだけでも、

いろんな場所で意識することが必要になってきます。

 

あれもこれもといろんなことをしようと

欲張ってもどれも中途半端で終わっちゃうよ。

 

何か一つでいいので「これだけはしっかりやっている」

と自信を持って言えるものがあるのとないのでは、

踊る際の心のゆとりが全然違う。

 

またこれか~って思うかもしれないけど、

同じことを何度も繰り返すことで見えてくる新たな

発見もあるし、繰り返さないとなかなか身につかない。

 

一つのことに絞って練習して、自信がつけば

思い切り踊れるようになるよ。

 

そして、飛び抜けた一つは他の物も引っ張り上げてくれます。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

3 Responses to “やることを絞る”

  1. furuuri より:

    あ〜本当仰る通りですけどぉ、お尻抜けないようにしないといけないし、やクローズに帰ることや、先生の存在すらすぐ忘れちゃうし、最優先ぽいことも多すぎて迷います!

    • 前掛け より:

      furuuriさん、こんにちは!

      「最優先ぽいこと多すぎて」わかります。
      やることがハッキリしていて、出来た結果も感覚的に
      理解できていれば大丈夫ですよ。

      本当に迷ってしまいそうな時は先生に聞いてみるのもありです。
      「一度に複数のことは難しいので、
      一番優先して何をやればいいですか?」

      「全部だ!」って言われたりして^^;

      • furuuri より:

        そうですね!聞いてみるのもイイですね!

        私の先生は、本日のテーマみたいなのがあって、足首を柔らかく使う、だとか、股関節だ、とかその日はどの生徒さんにもそのアプローチです。要するに行くたびにテーマが変わるので、たまに同じテーマ続けて頂くのもアリかも

        まあ到達したい所はいつも同じなんでしょうけど…色んなアプローチがありますもんね!

furuuri にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ