社交ダンスのコネクションは挟むことと押し返すこと



地下鉄が発車しそうだったので

走って飛び乗ったら、自動ドアに

挟まれた前掛けです。

 

なんとか乗車することはできたんですが、

すごく恥ずかしかったので、さりげなく

車両移動しましたw

 

ってことで今日は「挟む」つながりのお話です。

 

社交ダンスでは男性は「挟む」感覚と

女性は「押し返す」感覚を使います。

 

例えば、ルンバのキキウォークを

ダブルホールドのサイドポジションで行うとき。

 

男性は左手を前に差し出し、右手は

女子の右腰に回しています。

 

この時、ただ手を添えているだけではなく、

左手と右手で女子を挟むようにする。

 

女子は、男子に挟まれるのを内側から

手とボディで押し返すようにする。

 

体を膨らませるようなイメージだね。

 

するとコンタクトしている部分に

「押す」「押し返す」という、

いいテンションが生まれるよ。

 

いいテンションがあると、男性はリードを

スムーズに伝えやすくなるし、女子も

フォローしやすくなるんだよね。

 

女性の「ここに立っているわ!」っていう

存在感が男性に伝わりやすいし、

距離感も一定に保って踊ることができる。

 

挟むって言っても、軽く優しくで十分だよ。

万力で挟むみたいに強い力を

入れる必要は無いからね。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

2 Responses to “社交ダンスのコネクションは挟むことと押し返すこと”

  1. これからの女 より:

    さり気なく車両移動の前掛け先生。
    掴みはOKです(笑)

    文に柔らかみがあるので、リラックスして覚えることができます。笑いを入れながら、まじめな内容。上から目線でなく、寄りそって教えてくれているといった感じかな。

    これからの女はこれからもあなたについて行きますw

    • 前掛け より:

      これからの女さん、こんにちは。

      掴みOKありがとうございます。
      ついてきてくれる宣言、ありがとうございます。w
      今後ともよろしくお願いいたします。

前掛け にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ