競技ダンスは勝った時は最高に楽しいよ



競技ダンスは成績を競うもの。

出場者はみんな上位を目指して頑張る。

 

1つでも上に行きたいよね。

そのために練習を頑張る。

 

練習は楽しい事だけじゃない。

辛いこともある。

 

もちろん、楽しく練習ができるのなら

それが一番だよ。

 

ただ、人間だからいつも同じテンション・

モチベーションで練習をするのは難しいんだよね。

 

僕は「競技会で成績を出さないと!」って

思ってたから、調子が悪い時でも無理に

練習をしていた。

 

せっかく応援に来てくれた生徒さんの前で

無様なダンスは踊れないし・・・

 

でも調子が悪い時は何もかもがうまくいかない。

気持ちよく踊れないし、モヤモヤだけが残る。

 

「この練習は意味があるのか?」って

思うことが何度もあった。

 

だけど。

 

競技会で成績が良かったときは、今までの

辛さが全部吹き取んじゃうんだよね。

 

嫌なことはすべて忘れて、

すっごく楽しくなるし、笑顔にもなれる。

「ダンス最高!!」って感じる瞬間だね。

 

「今まで頑張って努力してきてよかったな」

って心の底から思える。

 

あまりの嬉しさに感動して

泣いたこともあったよ。

 

競技会で勝つのは本当に大変なこと。

 

頑張って練習しても満足するような

結果が出ないことの方が多い。

 

だけど、努力しただけの甲斐はあるから。

 

今は辛いと思っていても、

良い結果が出る時が来るよ。

 

大丈夫。

自分を信じて、コーチャーを信じて、

ダンスを楽しみつつ踊っていこう。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ