社交ダンスの表現方法 感情や意志を体で表す



「そこもっと表現して!」

って言われたらどうしますか?

 

すぐにできる人もいれば、全然できない人もいます。

表現というのは非常に抽象的でわかりにくい。

 

だけど踊る上では絶対に必要な部分。

何を表現するのか?

どう表現するのか?

 

そもそも「表現」ってどういう意味だろう?

表現の意味は辞典にはこう書いてあります。

 

表現とは、自分感情思想意志などを

として残したり、

態度言語で示したりすることである。

 

表現というと「感情」と考えがちですが、

「思想」や「意志」でも表現できるわけですね。

 

つまり、自分の意識で体を動かすことが

表現につながります。

 

特に難しい動きじゃなくても表現はできます。

 

例えば、

体を左方向にストレッチするだけでも表現はできるし、

プロムナードポジションに立っているだけでもできます。

 

表現力が足りないとは?

”表現力が足りない、表現をしていない”というのは

頭の中で考えていることと、体がちぐはぐな状態のこと。

 

なんの「思想」も「意志」もなく

無意識に近い状態で踊っていることです。

 

例えば、ルンバのニューヨークを踊るとします。

右手を上げる時に、

 

「このタイミングで、この場所に、この軌道を通って、

 この形に上げる」

と考えてやってみて下さい。

 

これだけで一つの表現になります。

 

なんとなく漠然と手を上げてしまっていては、

毎回上がる場所やタイミングが異なってきます。

 

それでは表現にはなりませんね。

 

そこには意識がないわけだから、

当然何の表現もしていないわけです。

 

つまり、

「もっと表現して踊って!」

と言われたら、

 

自分がやろうとしていることを

具体的に意識してみてください。

わからない場合は何を意識すればいいのか

先生に聞いてみるといいですね。

 
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

 

スポンサーコード

2 Responses to “社交ダンスの表現方法 感情や意志を体で表す”

  1. まいしる より:

    おはようございます
    そっか-、表現ってそういうことなんですね
    全く、なんにも考えないで踊っていました
    今週レッスンがあるので、具体的に意識をしながら
    挑んでみたいと思います(*^_^*)
    少しは変わるかな
    変わるといいな

    あ、甘いものちこっと減らすようにしました(>_<)

    • 前掛け より:

      まいしるさん、こんにちは!

      具体的に何かを意識すれば確実に変わってきます。
      ちょっとずつでもいいのでトライして見てくださいね。

      甘いもの我慢、頑張ってください(笑)

前掛け にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ