上手くなるコツは誰にでもできる簡単なことなんだよ



誰にでもできる簡単なことって

あるじゃないですか。

 

「やってみて~」って言われたら

「はいよ~」ってできること。

 

例えば。

スクワットを2回するとか。

腹筋を3回するとか。

 

難易度は低いでしょ?

 

社交ダンスに置き換えると、

・綺麗なホールドを30秒保つ

・良い姿勢のままフロアを1周歩く

こんな感じかな。

 

大丈夫だよね?

できるよね?

 

やってみようか。

 

うん、よくできました。

 

では。

これを続けていくことを想像してみよう。

 

3日・・・1週間・・・1年間・・・

 

続けることで少しずつ変わっていく

自分をイメージできると思う。

 

だけど。

 

現実には90%の人が

続けられないんだよね。

 

誰にでもできる簡単なことだし、

続けていくことで上手くなることが

想像できるのに途中でやめてしまう。

 

人間だから仕方ないです。

機械ならできるけど僕たちは人間だから。

 

出来る日もあるけど、できない日もある。

 

でもね、逆に言うと。

続けることができる人は確実にうまくなるから。

 

こんな人、身近にいない?

 

自分より後からダンスを始めたはずなのに

コツコツと地道な練習を重ね続けていて

気が付いたら自分よりもうまくなっている人。

 

何とも言えない敗北感を味わうし、

タイムマシーンで過去に戻りたくなりますw

 

やる内容は簡単でいいんです。

誰にでもできる簡単な目標を

地道に続けること。

 

今日もエンジョイダンシングです^^

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

3 Responses to “上手くなるコツは誰にでもできる簡単なことなんだよ”

  1. ソレイユ より:

    コツコツ、ごもっともです。私も
    直立不動のまま膝を曲げずにボディと骨盤で
    8ロールをやります。できるだけ肋骨内の
    筋肉を動かします。これを3年間やったら
    見違えるようにボディが使えるようになりました。

  2. ケン より:

    ソレイユさん、すみませんがお聞きしたいです。

    この8ロールは一日一回やるとしたら、何分くらいおやりになったんでしょうか?

    ボディーとヒップが一緒に動いてしまうので、ボディーだけが動かせるようになりたいのですが・・・

    僕はスタンダードのみなのですが、この8ロールはスタンダードでもいいのですよね?

    前掛け先生、この場をお借りしてしまってすみません。

ソレイユ にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ