社交ダンスのステップには名前と意味があります



社交ダンスにはステップに名前があります。

 

ワルツのナチュラルターンとかウイスクとか。

タンゴのプログレッシブリンクとか。

スローのフェザーステップとか。

 

ステップの名前を知っていると、

いいことがあります。

 

例えば。

新しいルーティンを覚えるときに

「ナチュラルターンからはじまって、

オーバーターンターニングロックでPPになって

シャッセしてクイックオープンリバースから

ハイホバーをしますよ」

 

と説明をしたとき、ステップの名前と動きを

知っていたら頭の中ですぐに動きのイメージができる。

 

だからその場で踊りだすことができるのね。

 

関連記事 ワルツのステップ一覧。ベーシックはこれで全部

関連記事タンゴのベーシックステップ一覧

関連記事スローフォクストロットの基本の足型全部。ステップ一覧を紹介

関連記事クイックステップのベーシックステップ一覧。基本フィガー全部紹介

 

ステップの名前を知らないと、一歩ずつ覚えて

いかなきゃなので時間がかかります。

 

ベーシックステップはどんな足型でも名前が

あります。

 

立った1歩だけの足でも名前があるんだよ。

リバースピボットとかね。

 

そして。

ステップの名前には意味もあるのね。

 

例えば。

ナチュラルターンだったら

ナチュラル→右への

ターン→回転

 

右回転をするステップを踊る。

 

例えば。

クイック・オープン・リバース・レディ・アウトサイド(タンゴ)

 

リバース→左への

レディ→女性

アウトサイド→外側へ

 

左回転をしながら女子が男性の外側へ進むステップです。

 

こんな感じでステップの名前の意味も一緒に

覚えていくと楽しいし、練習の効率も高まるよ。

 

1日1個ずつ覚えてみる?

社交ダンスステップ暗記チャレンジみたいな。

 

今日も楽しんでいきましょう^^

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ