社交ダンス ワルツのステップ一覧。ベーシックはこれで全部



ワルツのステップ一覧です。

バリエーションステップはこのベーシックを

元にしながら構成されています。

 

ベーシックステップのタイミングを変えたり、

回転量を変えたりして作られるのがバリエーションステップ。

 

ですので「ベーシックを理解する」ということは

バリエーションを踊る上でとても大切です。

 

社交ダンス ワルツのステップ

  1. クローズド・チェンジ
  2. ナチュラルターン
  3. リバースターン
  4. ナチュラル・スピンターン
  5. ウイスク
  6. シャッセ・フロムpp
  7. クローズド・インピタス
  8. ヘジテーション・チェンジ
  9. アウトサイド・チェンジ
  10. リバース・コルテ
  11. バック・ウイスク
  12. ベーシック・ウイーブ
  13. ダブル・リバース・スピン
  14. リバース・ピボット
  15. バック・ロック
  16. プログレッシブ・シャッセ・ツー・ライト
  17. ウイーブ・フロムPP
  18. クローズド・テレマーク
  19. オープン・テレマーク・アンド・クロスヘジテーション
  20. オープン・テレマーク・アンド・ウイング
  21. オープン・インピタス・アンド・クロスヘジテーション
  22. オープン・インピタス・アンド・ウイング
  23. アウトサイド・スピン
  24. ターニング・ロック
  25. レフト・ウイスク
  26. コントラ・チェック
  27. クローズド・ウイング
  28. ターニング・ロック・ツー・ライト
  29. フォーラウェーリバース・アンド・スリップピボット
  30. ホバー・コルテ

 

これで全部です。

ベーシックステップだけを使って踊っている動画です↓

ナチュラルとリバースの違い

ステップは大きく分けて右回り、左回りに分けられます。

右回りとは、右回転をしながら動いて行くこと。

左回りとは、左回転をしながら動いて行くこと。

 

最初のうちは自分が右回転をしているのか

左回転をしているのかわからないかもしれません。

 

ですが、できるだけ理解した方がいいですからね。

なぜなら右回転と左回転では踊り方が違うからです。

 

社交ダンスでは右回転のことをナチュラルといい、

左回転のことをリバースと言います。

 

ステップ名を見てみると、名前に

「ナチュラル」とか「リバース」って入っているでしょ?

 

それぞれ右回転、左回転のことを指しています。

それではワルツのナチュラルターンの動画を見てみましょう。

男性も女性も右回転をしています。

移動しながら右に回転していますよね。

角度で言うと男性は最初の3歩で右に135度回転します。

 

それに対して、リバースターンは左回転をしています。

見比べてみてください。

理解できれば応用ができるので、もっとシンプルに

考えることができる部分が出てきます。

 

オープンとクローズドの違い

オープンがつくとプロムナードポジションに開くということ

クローズドとはクローズドポジションのままだよってこと。

 

プロムナードポジションやクローズドポジションに

関しては「社交ダンスのプロムナードポジションを改めて分析」の記事を読んでもらえば詳しく知ることができます。

 

なので、同じテレマークでも、

クローズド・テレマークはクローズドポジションのままで、

オープン・テレマークはプロムナード・ポジションで

終わるということになります。

※他の種目ではオープンの意味が違う場合があります。

 

その他のポイント

「フロムpp」とはプロムナードポジションから

ステップしてくださいねってこと。

 

「アウトサイド」とは相手の右外側にステップするということ。

※ワルツで右足は相手の足の間にステップするのが基本ですが、たまに外側にステップします。

 

「バック」は男性が後退すること。

※社交ダンスでステップ名は男性の動きが優先されます。男性が後退する時女子は前進になります。

 

「ターニング」とは回転しながら踊るということ。

 

先日書いたメダルテストはこれらの

ベーシックステップをほとんど網羅しています。

コツコツと続けることで覚えて行くことができますよ。

 

※ワルツに関しての記事はこちらにまとめています

ワルツに関する記事一覧まとめ

この記事がお役に立ちましたらランキング応援お願いします♪ ↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

3 Responses to “社交ダンス ワルツのステップ一覧。ベーシックはこれで全部”

  1. カメラ小僧 より:

    むかし、勤労青少年ホームで社交ダンス教室があった時、通いました。教室だけで終わらせるのはもったいないと、サークルができましたが、

    残業があると通う事が出来ません。当然、練習できません。練習量が減ります。他の参加者が新しいステップを教えられている時、残業。
    自然と足が遠のきます。
    サークル自体も、自然消滅というかたちとなりました。
    今、憶えているのはブルースの
    クォターターンとチェックバックです。

  2. カメラ小僧 より:

    むかし、勤労青少年ホームで社交ダンス教室があった時、通いました。教室だけで終わらせるのはもったいないと、サークルができましたが、

    残業があると通う事が出来ません。当然、練習できません。練習量が減ります。他の参加者が新しいステップを教えられている時、残業。
    自然と足が遠のきます。
    サークル自体も、自然消滅というかたちとなりました。
    今、憶えているのはブルースの
    クォターターンとチェックバックです。初めての投稿なのですが、似たような体験をしている人がいるようで、重複していると、コメントの送信を拒まれます。それほど、似た体験の人がいるのですね。

    • 前掛け より:

      カメラ小僧さん、こんにちは!

      コメントはちゃんと届いてますよ。
      確かに残業があると練習はできないですよね・・・
      自然消滅は残念でした。
      クォーターターンとチェックバックはブルースの基本です。
      また踊れる機会ができるといいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ