ワルツでライズとはどういう動作のこと?スローやクイックにもある?



ライズとはどういう動作のこと?

ライズ・・・浮かび上がる、上がる、高くなる

という意味があります。

 

ライズはワルツ、スロー、クイックステップ

にあります。タンゴにはありません。

 

高い位置に立とうとすると、体はぐーっと引き上がり、

足の筋肉も上に伸び、かかとも上がりますよね。

この動作がライズです。

 

ワルツのナチュラルターンは一歩目の終わりで

ライズを始めることになっているから(予備足を入れると2歩目)、

男性なら右足でライズを始めるのです。

その結果、男性の右足のフットワーク

HT(ヒール、トー)になっていきます。

 

そして二歩目の横に出した足の上では

ライズを継続していきます。

継続というのは、さらに上に上がり続けることです。

この動作の結果、なめらかな上昇運動がおこります。

 

上がろうとすると、かかとが床を離れていき、

ボールだけで立っている状態になりますよね。

世界のトップクラスの選手はさらにライズ出来るので、

トーに近い位置で立つこともできるらしいよ。

 

ライズをした高い位置というのは次の運動を

おこすためのエネルギーが溜っている状態です。

そこから重力に任せて落ちていく

ような感覚で力を抜いて進んでいき、

次のステップのライズした状態になります。

これをスイングといいます。

 

逆に言うと、ライズができていないと

スイングもできない、ということになりますね。

 

※ワルツに関しての記事はこちらにまとめています

ワルツに関する記事一覧まとめ
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ

スポンサーコード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ